自転車の示談交渉サービス

移動手段としての自転車、子供からお年寄りまで多くの人が利用しています
免許もいらないから大変便利なものでもありますね
どの家でも一台くらいは自転車を持っているでしょう
家族全員が自転車を持っているという家庭もあるでしょう

自転車は、自動車と比較しても経済的で快適な乗り物
ガソリンも使わないため何よりもエコです
場所も取らず、税金もかかりませんし車体も安いです
そして「自動車と違って保険料もかからないから自転車はお得」
こう考えている人も多いのではないでしょうか?
ここはとくに注意しなければならない点です

これからは、自転車にも保険が必要な時代です


自転車だから不要という時代は、もうとっくに終わっている
なぜなら、近年、自転車事故による賠償裁判も増えてきています
さらに賠償金は、自動車の事故と同じように高額になることもあります

もし、家族が自転車事故を起こしてしまった
賠償請求が何千万円から一億円の支払い命令が出てしまったら!
普通のご家庭では、支払い不可能ですよね
謝罪だけでは解決できない問題でもあります
新聞やテレビでもご存知のように裁判になることも多いです

自転車保険のなかには、多額な補償をしてくれる商品もあります
こうした高額補償の商品の加入も検討してみるとよいでしょう
自転車は、普段から危険な乗り方をしないのであれば安心できる
安全運転をしていれば、加入は不要というわけではありません
お子さんや高齢者が急に道路に飛び出てくることもあります
運が悪ければ相手に大怪我をさせてしまうこともあります
安全運転をしていても、いつどこで加害者になってしまうかわかりません

示談のアドバイスをしてくれるところもあります
それがないと、自分で示談を進めることになります
この点が不安だったら、示談交渉をしてもらえるところに加入しましょう
示談交渉は、すぐに終わるものではありません
先方とは、じっくり時間をかけて話し合うことが必要です
それに費やす時間を確保することも難しいのでプロにお任せすると安心です

TSマーク

TSマークとは!?
自転車安全整備士が点検整備した自転車に貼付されるものです
このマークには、傷害と賠償責任保険が付いています

TSマークは、2種類あり
青色マーク(第一種)と
赤色マーク(第二種)とで賠償内容が違ってきます

TSマーク付帯の加入手続きをするには!?

TSマークは、自転車安全整備店で取り扱っています



まずは、自転車安全整備店にTSマークの貼付を依頼すること
自転車の点検整備(有料)を受けると貼付ができます
そのときに、自転車安全整備店から購入しましょう
「TSマーク付帯保険加入書綴(お客様用)」
これが渡されますので1年間保管してください

※「TSマーク」の有効期間もありますから注意!
TSマークに記載されている点検整備の日から1年間です

ですので、年1回は点検整備を受けなければいけません
TSマークも更新しないといけないということですね
年に一回は、プロに点検整備を依頼する日というのを決めておきましょう

なんにせよ、テレビや新聞でも報道されているように
事故が多発していますので加害者にならないようにすること
自分の自転車の整備は、しっかり行うことが大切ですね

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|