生活に合わせた加入が大切

1.就職を機に加入したい…病気やケガ・入院に備えた内容で契約する。
家族のためというよりは、自分のための加入を考えましょう。

2.結婚して配偶者ができる…死亡保険金がもらえる契約を!
もしものときに備えて死亡保険金がもらえるタイプがピッタリです。

3.教育費や老後が不安…保障内容・貯蓄性の高いものを選ぶ。
保障内容の充実度も大切ですが、貯蓄性も考えましょう。


生命保険の種類

1.養老保険
一定期間に死亡したときは死亡保険金、満期のときは満期保険金を受け取れます。
<こんな人におすすめ>
保障と一緒に将来の大きな買い物にむけての計画的に資産形成したい方。
メリット:満期時に死亡保険金と同額の保険金を必ず受け取れる。
デメリット:満期になっても更新できない。

2.定期保険
保証期間は一定ですが、高額な死亡保障を準備できる保険です。
<こんな人におすすめ>
保障は必要だけど、保険料は最低限に抑えたい方。
メリット:終身保険に比べて月々支払う保険料が安い。
デメリット:掛け捨てで、満期になってもお金が戻ってこない。

3.終身保険
一生涯にわたる保障を確約できる保険です。
<こんな人におすすめ>
保障が大切なのはわかるけど、掛け捨てはもったいないと考えられる方。
メリット:保険料が生涯変わらない。
デメリット:定期保険に比べて毎回の保険料負担が大きい。


加入の窓口は3種類

1.大手保険会社…店舗を構える保険会社や保険ショップ(代理店)
日本生命、明治安田生命など

2.ダイレクト保険…インターネットや通販が窓口
アメリカンホーム生命保険、オリックス生命保険ダイレクトなど

3.インターネット生保…インターネット専業の生命保険会社
ライフネット生命、ネクスティア生命など



スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|